ガチで恐怖な心霊スポットを紹介します|やばい心霊スポット

やばい心霊スポット

千葉

千葉県長生郡【浜宿海岸】

更新日:

千葉県長生郡白子町にある浜宿海岸。
かつては、夏のシーズンになると、5万人もの海水浴客で賑わった海水浴場であった。
浜宿海岸に出られる道路は1本だけであり、町工場のような建物の脇にある、以前は、浜宿海岸まで車で出ることができたが、連続焼死事件以降、その道も海水浴場も封鎖され、浜宿海岸へは徒歩でしか行けなくなっている。

ここで起きた事件

最初の事件が起こったのは、1982年1月17日の早朝。
浜に置き捨てられている廃船の陰で燃えくすぶっている乗用車があった。
発見者から通報を受けた駐在所の警官が駆けつけて乗用車を調べた結果、後部トランクから焼死体が発見された。
焼死体は頭蓋骨と背骨の一部を残し、全て燃え尽くしていたが、灰の中に焼けたブラジャーのホックがあったことから、女性の遺体であることが判明した。
歯型の照合結果から、この被害者は、燃えた乗用車の所有者である千葉市内のスナックのママ(当時44歳)であることがわかった。
焼死体発見の2日前に自分の店を出てからのママの足取りは不明で、犯人の手がかりは何一つ残っていなかった。

第二の事件が起こったのは、1982年4月6日AM7:30
スナックのママの焼死体が発見された場所のすぐ近くで、乗用車が炎上しているのを、車で通りかかった公務員が発見した。
公務員の届け出に応じた千葉県警の署員は現場に急行した。
乗用者の運転席に黒焦げの焼死体があり、車の外には黒の短靴が揃えて置いてあった。
靴の中に腕時計と車検証が入れてあった。
捜査の結果、この焼死者は、千葉県東金市内のバスの運転手(当時44歳)で、「子供をよろしく」という遺書を妻宛てに残しており、自殺であることが判明した。

第三の事件が起こったのは、1982年4月21日AM7:45
やはり、前の2件の事件と同じ場所で、トラックが燃えているのをパトロール中の道路管理事務所の所長が発見し、通報。
駆け付けた署員の捜査により、運転席から焼け焦げた男性の焼死体が発見された。
署の捜査により、焼死体の男性は、千葉県柏市の会社員(当時44歳)であることが判明。
前の晩遅くに、妻に「もう帰らない」と電話していることから、焼身自殺であることが推定される。

第四の事件が起こったのは、1982年5月中旬、前の3件の事件の場所から少し離れた所で、幼い男のコを連れた父親(当時44歳)が乗用車内で焼身心中し、焼死体で発見された。
4件とも『44歳』の人間が『焼死』している。

これらの事件は、当時、地元でも有名だったようで、地元紙である千葉日報で報じられた。
当時の白子町長は、この幽霊騒ぎは、H浜宿海岸に奉られている朽ち果てた龍神様の木の鳥居を撤去しようと計画していることに対する、龍神様の怒りの警告ではないかと推測した。

地元の住職に依頼し、町長以下自治体の人達が集まって、盛大に龍神様の怒りを鎮めるお祓いが行われた。住職は「焼死事件や幽霊騒ぎなどの怪奇事件が続発するということは、80%何かの霊が呼んでいるということです。お祓いをし、清める。寺の本堂で供養を続けるしか、跋扈する霊を鎮める手段はないのです。」という。

 

現在の浜宿海岸

近年もちょうど橋の上あたりで、ワゴン車が一台、全焼していた。車種がわからないほどに真っ黒焦げになており、周囲の人たちの話から、運転手の男性は焼死してしまったということがわった。
そして、その男性の年齢が44歳だという事でまだ祟りは続いているという事なのでしょうか…

44歳の方は遊び半分で近寄らないようにしていただきたい。

 

住所

千葉県長生郡白子町浜宿2657-37



-千葉
-,

Copyright© やばい心霊スポット , 2020 All Rights Reserved.