ガチで恐怖な心霊スポットを紹介します|やばい心霊スポット

やばい心霊スポット

関西

難波 ビッ●カメラ 千日デパート跡

投稿日:

なぜ繁華街にある、家電量販店が心霊スポットなのか? それは、1972年に118人の死者を出し、日本のビル史上最悪の事故といわれる「千日デパート火災」の跡地に建てられたビルだからです。

千日デパート火災とは、1972年(昭和47年)5月13日、大阪市南区(現在の中央区)千日前の千日デパートで起きた火災。死者118名・重軽傷者78名、日本のビル火災史上最悪の大惨事となった。実際には百貨店ではないことから「千日デパートビル火災」という呼称も多く使われる。

スポンサーリンク


階店舗が閉店した直後の22時27分頃、3階婦人服売り場より出火。延焼は5階までだったが、建材の燃焼による有毒ガスが階上に充満し、避難設備の不備と従業員の不手際が重なって、多数の死傷者を出す惨事となった。出火原因は電気工事関係者のたばこの不始末で、出火場所は3階フロアーの南東角の部分であったという。逃げ道であるはずの階段室が煙突の役目を果たし、営業中であった7階のキャバレー「プレイタウン」にまたたく間に煙が充満。たまたま土曜日で、休みの前日に当たり店内には客が多かった(当時はまだ週休二日制は一般的ではなかったが、所謂“半ドン”で土曜の午後を余暇とする習慣があった)。更にエレベーターが火災による停電で停止。逃げ場のなくなった客の中には窓ガラスを割り、15m下の地上目掛けて飛び降りた者もいたが、飛び降りた24名の内22名が全身挫傷や頭蓋骨骨折などで死亡。被害を拡大させる一因となった。飛び降りなかった客の多くも一酸化炭素中毒で窒息死し96名が7階フロアで折り重なるように倒れていたという。一部は、窓枠にしがみつき半身を乗り出した状態で絶命していた。

 

ここで起きた恐怖の体験談

客が帰った閉店後、アルバイトは一箇所のフロアに集められる。そして監督の社員の指示のもと、翌日のバーゲンに備えて、商品の値札の張替え作業等を徹夜でするのだった。夜の10時を過ぎた頃だった。
「火災発生…火災発生…」
突然、女性の暗い声で館内放送が流れてきた。彼女は驚いたが、社員はその放送を無視するかのように「作業を続けてください」とアルバイト達に指示していた。不審に思ったが、館内放送はすぐ止んだので、また黙々と作業を続けたという。その後、彼女が長く勤めているアルバイト仲間から聞いた話によると、夜のこの時間には、決まって不可解な館内放送が流れるという。さめざめと泣く声やしきりに助けを求める声を聞いたこともあったという。それは、ちょうど火災が発生した時刻であった。

スポンサーリンク


現在のはさすがに除霊を行い、風水を徹底して研究して建てられているとか。あちこちに浄霊の祠が設置してあるとか。
あと、五階から六階のエスカレーターは上り下り逆にレイアウトされており(あれ、変だな不便だなと僕も思ってた)何でも、悪霊たちが降りてくるのを防ぐためとか…

住所

大阪府 大阪市中央区千日前2丁目10−1



-関西
-,

Copyright© やばい心霊スポット , 2020 All Rights Reserved.