ガチで恐怖な心霊スポットを紹介します|やばい心霊スポット

やばい心霊スポット

関西

一龍旅館 貝塚市

投稿日:




一龍旅館子怖い話

大阪府の南部、和歌山県に近いある有名なお寺のすぐ近くに朽ち果てた一龍旅館があった。
そこは綺麗に整備された小高い丘の公園の麓の一角にあり、そこだけが周囲と違った異様な空気を放っている。
この朽ち果てた旅館には様々な奇怪な噂があり、関西方面ではかなり有名な心霊スポットの一つとなっている。

昔、この旅館で服毒自殺を計ったカップルがいた。しかし女性が苦しむ姿を見て男性が逃げ出すという事件があったらしい。
二階の窓から女の人がこっちを見ていると言う。逃げ出した男性を今も探しているのかもしれない。

スポンサーリンク




今から50年ほど前のある日のこと、ある経営者一家が事業に失敗し、経営不振から多額の借金を抱えた。その借金苦からこの旅館を最後の場所と決め一家心中をしたというのである。
また、別の噂では、今から30年ほど前に大規模な火災を起こし、その火災により多くの従業員や宿泊客が亡くなったという話もある。
また、惨殺事件があったという噂もあるが、噂はどこまでいっても噂の域を出ないので、どこまでが真実なのかは定かではない・・・
しかし話はここで終わらないのである。
一家心中か火災だったのか定かではないが、兎も角、何らかの事件が在りそれにより徐々に客足が遠のき、やがて旅館の経営は落ち込んでいった。そして、それを苦にした女将が旅館の庭の桜の古木で首を吊って死んだというのだ。また、別の話では、女将が殺害されたという話もある。

また、この廃旅館のある小高い丘になった公園は、全体が森になっており、この公園でも数多くの心霊体験が報告されている。
公園の中で人魂を見たとか、居ないはずの人の気配が何処までも付いて来たとか、何者かに腕をつかまれたといった話もある。
さて、それでは、なぜそのような廃墟が取り壊されずに、綺麗に整備された公園の一角を占拠しているのだろうか?
噂では暴力団関係者がここをアジトとして使っているからだという話もあるが、アジトとして使うならもっとマシな場所を使うだろう
それは、この廃旅館を取り壊そうとすると、必ず工事関係者に死者が出るとかで、後難を恐れて誰も取り壊そうとしないのだという。

スポンサーリンク




場所

〒597-0104 大阪府貝塚市水間 国道170号線

 







-関西
-,

Copyright© やばい心霊スポット , 2020 All Rights Reserved.